FC2ブログ

ラリベラ便り11

froggy.jpg

―フルフル・ファリガロ―

何気なく朝食にフルフルを食べていて、3年の月日というものを改めて想いました。

フルフルとはインジェラの上にソースで和えたインジェラが載せてあるという革命的な伝統料理です。酸味の強いインジェラ(エチオピアの主食)は、外国人には苦手な人も多く、その味と見た目から「胃液」「雑巾」など、酷い形容を耳にする事さえある発酵食品。マンホールぐらいの大きさの、ぶ厚い灰色のクレープを想像してみて下さい。それがインジェラです。そして、そのインジェラを心行くまで堪能できる料理がフルフルなんです。

赴任した当初、僕もインジェラは苦手だったので、当然フルフルは「ありえない食べ物」に分類されていました。しかし、今では当たり前に朝からこれを食べています。むしろ、このフルフルはおいしい。このフルフルは辛さが足りない。など、味の評価ができるレベルにまで到達しています。どうやら、月日が人を変える、というのは真実のようです。食べ物ひとつとってもこんなだから、この駐在員生活で、自分自身大きく変わっているんだろうなぁ。と思います。確かに赴任前と比べると、胃腸の強さと忍耐力は飛躍的に伸びたものと思われます。

そして、その中でも、僕が自覚する最も大きな変化は、こだわらない事に慣れた事。その分、結果にこだわるようになった。という事かもしれません。こちらの仕事では今まで自分が持っていたこだわりや、信念や、個人的な感情は得てして不要な事が多いです。滅私奉公という、日本的な仕事観に基づいて、現地責任者としての職務に取り組んできました。

そして、自分の持っていたこだわりの中で、組織やプロジェクトに不要な部分を全部削ぎ落としてみると、最後に残ったのは「結果」に対するこだわりでした。とにかく結果がすべて。僕はそう思いながら、プロジェクトの管理運営をしています。もちろん僕の考える結果とは、カウンターパートやドナーが求める数字上、データ上の結果ではありません。結果として現実におこる事。実際に植えられる木や、教育を受けた子供が作る未来、人々の生活にプラスされるちょっとした余裕や笑顔。自分がここにいる結果として何が起きるか。そして何が残せるか。そんなことを大切にしています。

全力で駆け抜けた任期もいよいよ終わりが見えてきました。この先どんな環境で、どんな仕事をするにしても、結果に対するこだわりは、ずっと持ち続けていければ、と思います。
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://lalibela.blog34.fc2.com/tb.php/44-18033c90
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

Okano Teppei

Author:Okano Teppei
フー太郎の森基金について
フー太郎の森基金はエチオピアの世界遺産の町、ラリベラで活動する環境NGOです。ちょっと変わった団体名ですが、フー太郎とはフクロウの子供の名前なんです。
フー太郎の森づくりに興味のある方は、是非お気軽にご連絡下さい!


岡野 鉄平について
現在5代目となるラリベラ事務所の駐在員です。鎌倉生まれ鎌倉育ちの、生粋の鎌倉人。趣味サーフィン、お祭り、ロッククライミング、温泉。1978年9月8日生まれ。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © Okano Teppei